長期ローンを好まないライフスタイルが増えた

家庭を持ったらマイホームを持つ、というのが一般的なライフスタイルだったのは少し前のこと。今では多様なライフスタイルが一般化しているため、単純に結婚して子どもを持ったら家を買うという人ばかりではなくなったようです。従来のように終身雇用や老後の年金生活が当たり前でなくなった現在では、将来の見通しも立てにくくなりました。そのため長期間にわたる住宅ローンを組むことに疑問を感じる人も増えてきています。将来的なことだけでなく、今現在の生活を大切にするために、今の収入に合った賃貸物件で生活をすることを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

持ち家でなくても快適に暮らせる今の賃貸

経済的な事情やライフスタイルが流動的になったため、持ち家を持つことを優先しないという家庭が増えてきました。その一方で、居住空間を自分の好みにカスタマイズしたいというニーズから、賃貸でも出来るDIYやインテリアなどが人気を集めています。壁や床を傷つけずにできるDIYは、リーズナブルにできる趣味として楽しむ人も多いようです。賃貸であってもある程度の自由が利けば、自分のオリジナル空間としてカスタマイズすることが出来ます。そこに満足を感じているからこそ、マイホームへの優先順位は低くなっているのかもしれません。

ライフステージにあわせた物件選びも魅力

かつては夫婦と子ども2人以上という家族構成がデフォルトだったため、4LDKのマイホームは家族で暮らす住処として一番適当だと考えられていました。しかし今では子どもを持たない夫婦や子どもの数か少ない家庭も多くなり、子どもの独立後に自分の親との同居などをしない選択も増えているため、長いスパンで大人数の人間が共に暮らすことが減っているようです。そのため、その時々の家族構成にあった物件で暮らしたいというニーズが増え、4LDKのマイホームを必要としない考えも広がっています。こうしたことから、必ずしも家を購入することが人生の目標ではなく、身動きの取りやすく経済的な賃貸住宅を選ぶという選択肢が支持されていると考えられます。

札幌市中央区の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで造られているので大きな地震にも耐えられるほどの強度があります。