マンション購入のために頭金を貯める

憧れのマーホームとしてマンションを購入したいと思ったら、購入資金を調達する必要があります。マンションは高額ですから、すぐに現金で払える人はほんの一握りでしょう。まずは、頭金を貯めるところから始めるのが基本ですが、積立預金等を利用して長期間継続するのが一番効果的です。そのため、マンションを実際に購入するかなり前から計画的に頭金づくりをすることが大切です。この積立の習慣は、マンション購入後のローン返済に役立ちます。

祖父母や両親から住宅資金贈与を受ける

頭金だけでマンションは買えないという場合は、住宅ローンを借りることになりますが、その前に一度両親や祖父母に相談をしてみることをお勧めします。税制の恩典の一つに、住宅取得資金について直系尊属から贈与を受ける場合は一定金額までは非課税という制度があるのです。これを利用して贈与を受けるという選択肢があります。特に祖父母に関しては、相続税を払うぐらいだったらかわいい孫の住宅取得のために贈与しようと考えるケースも多いでしょう。

住宅ローンで不足を補う

頭金や祖父母からの贈与を受けても物件価格に足りなければあとは住宅ローンを借りるしかありません。住宅ローン返済が始まっても確実に返せる範囲で借りるのが鉄則ですが、今後の物価上昇を伴った金利上昇の可能性を考えると、歴史的な低水準となっている固定金利型の住宅ローンを借りるという選択肢が有望です。しかし、将来の金利動向は誰にもわからないため、変動金利型の住宅ローンと合わせて二本のローンを組むという方法もあるでしょう。

つくば市は茨城県の南部に位置している市で、学術や研究都市としても有名な学術都市となっています。市内は開発が進み、マンションやアパートなどの住宅がたくさんあることから、つくばのマンションは良い物件がたくさんあります。