新築で購入するならどっち派?

一生で一番高い買い物、それは「家」ですよね。そして、どうせ一生に一度の買い物なら新築!という方がほとんどだと思います。ただ、マンションと一戸建てはどっちがいいの?と悩む方はとても多いです。マンションにも一戸建てにもそれぞれメリットデメリットがあるので、それぞれの良いところと悪いところを比較してみたいと思います。価格はどちらも同じくらい高いので、どちらの新築も見ながら、理想的な生活ができる家を探したいですよね。

マンションのいいところ、悪いところ

マンションのメリットは、何といっても防犯に優れているという点です。新築マンションであれば、今はオートロックは当たり前、ほとんどのマンションに防犯カメラもついています。管理人がいるので共有部分の掃除などは一切しなくてよいのでとても楽です。デメリットとしては、一戸建てとは違い月々のローン支払いに加え、管理費が発生するという点です。また集合住宅のため、ある程度隣に住んでいる人への配慮などが必要になるといったところでしょうか。

一戸建てのメリットデメリットは?

一戸建ての良い点は、なんといっても広さで、マンションと同等の料金でも、坪数で比較すると一戸建ての方が広いです。庭もついていればなおさらです。他にもマンションと違い管理費がないので、月々の支払いはマンションよりも少なく、駐車場もついていたら駐車場代もいりません。デメリットは、防犯は自己負担になることと、老朽化が進むと自己負担でリフォームなどを計画しなければならない点ですね。月々の管理費の支払いが無い代わりに、どこかで大きなリフォーム代がかかってきますよ。

千葉県の住みやすさでの人気の高い船橋市で新築一戸建てを探してみると、やはり金額の幅があります。特に利便性の高い船橋駅周辺、バスを利用する必要性のない地域は非常に購入額が高く、土地面積が狭くてもなかなか手が出せる金額ではないのが現状です。ただ、バス利用圏になると多少ないとも駅周辺との価格差はでてくるため検討の幅も広がります。