憧れのリフォームも工事前に考えよう!

長く住んでいる家は、使い続けることで不具合が発生したり使いづらいと感じるようになる場所があると思います。そんな時に住みやすい家を作るのがリフォームですよね。どこをどうしたいと計画してリフォームを始めると思いますが、工事を行うとなると気をつけなければならないことがあります。気を使えないと、ご近所トラブルに発展してしまう可能性がありますので、リフォーム工事を決行する前によーく考えなければならないのです。

工事前に事前説明をしておこう!

リフォーム工事を行うことが決まったら、まずはお隣さんや近隣の人にどの程度の工事を行うのか簡単に説明しておきましょう。期間はいつからいつまでか、重機などを使うために家の前の道路をふさいでしまう可能性があるのか、その地域で生活している人に迷惑となる可能性があることは事前に説明をして理解を得ることが大切です。ちょっとした工事なら音も聞こえないと思っている人が多いですが、実は結構回りに聞こえていることが多いのです・・・。

リフォームが完了した後は理解に対するお礼を

リフォーム工事が終わった後は、工事についての理解に対するお礼をしましょう。大掛かりな改装工事などを行って長期間にわたり工事の騒音などが合った場合は、手土産を持参するのが良いとされています。リフォームが完了して舞い上がってしまう気分もわかりますが、工事に対する理解を示してくれた近隣のお宅にお礼をすることを忘れてはいけません。また、お礼は早めに行っておくことが大切です。狭い土地に住宅がひしめき合う現代だからこそ、工事の際には十分な気遣いと注意が必要なのです。

建物の構造要素の一つに、筋交いという部材があり、柱と梁のフレームの中に斜材を交差するように配置した構造形式となっています。木造住宅で主に使われる部材ですが、種類としては木製や鉄製のものがあり、ワイヤーで構成されるタイプも存在します。また、リフォーム用に後付け出来るタイプの製品も金物メーカーから販売されており、耐震補強工事でよく利用されています。