賃貸アパートの契約書は大事

賃貸アパートの契約をする時に、宅地建物取引士が話してくれる重要事項の説明をしっかり聞いておくことは大事なことです。すでに賃貸アパートを借りたことがある人は、契約書の内容はだいだいこんなことが書いてあるだろうと、高をくくってあまり読まないケースもあるようですが、判子を押すということは契約書に書かれたことすべてに承諾したと理解されるのです。契約の経験があるこからこそ、以前との違いを認識するようなつもりで契約書を確認するといいでしょう。

賃貸契約の家賃に関すること

毎月支払う家賃については、翌月分をいつまでに前払いする必要があるか、金額はいくらなのかといった点については、知っておかないと毎月の振込み等の対応ができないので誰でも確認をするでしょう。家賃の増減請求については、ほとんど実際にそういったケースに遭遇することはないかもしれませんが、どんなことがあり得るのか理解だけはしておくといいかもしれません。さらに家賃には消費税が含まれませんが、消費税法上、住宅の貸付けは非課税だという程度は知っておきたいものです。

造作買取請求権は特約で排除されているか

賃貸アパートに住むと、自分でエアコンを設置したりウォシュレットを付けたりすることがあるかもしれません。管理会社に確認をして設置をした後で退去することになった場合、外したエアコン等を転居先で設置する予定があればいいですが、その予定がない場合は次の人のために残しておいてあげてもいいと考えることもあるでしょう。これを時価で家主に買い取ってもらう交渉ができる権利を造作買取請求権といいます。この権利は、多くの場合特約で排除されていますので、その点も契約書で確認をしておくといいでしょう。

札幌市白石区は、札幌市の頭部に位置しています。JRや地下鉄といった鉄道路線も充実していることから、札幌市白石区の賃貸物件は暮らしやすい賃貸物件が多くあります。