同じ物件でも仲介手数料が異なる?

気に入った賃貸物件を見つけたとき、その物件が1つの不動産屋さんだけではなく、複数の不動産屋さんから募集されていることがあります。賃貸物件のオーナーが早く借り手を見つけたい場合によく見られますが、どこへ行っても支払う費用が同じとは限らず、中でも仲介手数料は賃貸月額料の一ヶ月分というところもあれば半月分のところもあります。大きな初期費用ですから、仲介手数料はしっかりチェックしておくことをお奨めします。ただし、仲介手数料だけで判断してはいけません。敷金、礼金、諸費用に加え、退去時に要する費用もありますから、トータルコストで判断することが重要です。

周辺環境は地区全体を見てる?

せっかく気に入った建物、間取りを見つけても、周辺環境が理想とマッチしていなければその後の生活を楽しめなくなるかもしれませんよね。現地視察では、建物の外観だったり、部屋の間取り、使い勝手、駐車場、通勤事情、買い物事情など、まずは自分たちが行動することを中心にチェックされると思います。見落としがちなことは、公園や学校、病院、コンビニのように利便性を意識した施設だけではなく、ファミリー世帯、あるいは独身者、学生が多い地区なのか、近くに高層建築物が建つ予定はないか、日中は近隣道路の交通量が多くないか、夜間は静かに過ごせるか、災害発生時はどのように動けるか、など客観的に地区全体を見渡した環境です。住み始めてから理想とは異なることで問題を抱えてしまう前に是非チェックしておきたいですね。

カーテンのサイズは測ってる?

お目当ての物件が決まり、契約していざ引っ越ししてみたら、カーテンが合わないなんてことがよくあります。まだそれだけなら救いようがありますが、カーテンレールのタイプが違っていたり、数が足りなかったりです。そうなると新しいカーテンを手に入れるまで、外から部屋の中が丸見えになってしまいます。契約前の下見段階だったり、契約前でも問題なければ入室させてもらえますので、引っ越し前には一度カーテンのサイズを測っておきましょう。ほかにも家具や冷蔵庫などを設置する寸法、引っ越しにおける搬入口の寸法も重要ですから、この機会に是非測っておきたいものです。

帯広の賃貸マンションには、水道料金が定額制の物件や、照明器具、暖房器具付の物件があります。2万円台で借りられます。