塗装の剥がれに注意!外壁塗装リフォームの必要性あり

住宅の建物は、外壁によって住人を守っているものの、時間経過と共に頑丈だった壁にも劣化が見られるようになります。外壁塗装にリフォームが必要になる兆候としては、外壁の塗装の剥がれがあります。新しく塗装したばかりの状態では、しっかりと外壁に密着して保護の効果を発揮してくれています。しかし時間経過と共に、塗装が外壁から剥がれてしまい、本来の保護の役割を果たさなくなります。一箇所の剥がれが周囲に広がる可能性もあり、外壁塗装リフォームが必要です。

浸水を予防!外壁のヒビ割れへのリフォーム

住宅の壁は、高い強度を持っています。しかしそれでも、劣化と共にその表面にはヒビが入ることがよくあります。ヒビからは雨水などが浸入し、建物の基本部分を傷めることにもなりかねませんね。ヒビ割れに対する外壁塗装リフォームでは、まずはしっかりとした下地を作る事から始めなければなりません。塗装の下地となる外壁を改善したうえで、ヒビ割れの補修をしっかり行っておくことで、リフォームで施工した外壁塗装が長持ちします。

外壁表面に見られる粉?チョーキング現象のリフォーム

太陽から降り注ぐ紫外線は、住宅の外壁塗装を傷めます。その結果、外壁に施してある塗料の顔料が粉状となって、外壁に表れるようになります。もし外壁触れてみて、指先に白い粉のようなものがつくようであれば、外壁塗装へのリフォームが必要でしょう。そのため、定期的に住宅の外壁の状態をチェックしてみて、指先でも直接触れてみることが大切です。外壁のカラーリングによっては、こうしたチョーキング現象を見逃すこともあるため、注意しておくべきですね。

外壁塗装を千葉では住宅の劣化した部分を熟練の職人によって新築のように低コストで仕上げることが出来ます。